院長紹介

このたび、福岡市愛宕に皮膚科クリニックを開院することになりました、高松紘子と申します。
当院は、じんましんやアトピー皮膚炎、水虫などの一般皮膚疾患の保険診療はもちろん、ピーリングやレーザーによるシミ治療などの美容皮膚科の分野まで、皮膚のことでお悩みの患者様を幅広くサポートさせていただく皮膚科クリニックです。
皮膚のトラブルは目に見えるだけに悩みも切実で、ストレスを抱えている方も多くおられます。適切に診断し、ケアの方法をお伝えすることで患者様と良くなる喜びを共有することが私の喜びです。
美容医療におきましても、肌が美しくなることで自信がついたり、笑顔が増えたりする方を沢山拝見してきました。美容医療というと不安で受診しにくい方も多いと思います。美容レーザー専門指導医は日本皮膚科学会が美容医療の質の向上のために設けた認定制度です。指導医である私が全例カウンセリングを行い適切な医療をご提案しますので、安心してご来院ください。
私は大阪大学附属病院をはじめとする大阪の基幹病院、福岡では九州医療センターなどで臨床経験を多数積んできました。豊富な経験を生かし、皮膚科専門医・美容レーザー専門指導医として地域の皆様のお役に立てる、笑顔になれるクリニックを目指してまいります。赤ちゃんからご年配の方まで、お気軽にご来院ください。どうぞよろしくお願いいたします。
院長 高松 紘子 たかまつ ひろこ
院長 高松 紘子

プロフィール

兵庫県神戸市で育ち、高校生の時に阪神・淡路大震災を経験しました。助けたい人も助けられない状況を目の当たりにし、医師を目指しました。当時、家が全壊したため熊本の祖父母のところに避難し、高校にも通学させていただきましたが、教科書もない私に皆様とても親切にしてくださりました。ご縁がある九州で地域貢献できることを嬉しく思っております。
皮膚科を選んだ理由も、震災で物が全て壊れてしまうという経験をしたからです。皮膚科は熟練した医師の「目」が診断に最も重要です。検査機器が使えない状況下でも、トレーニングした「目」があれば、患者様を助けることができます。この「目」を鍛えるために今まで全力で臨床経験を積んできました。地域の皆様のお役に立てるよう、これからも努力を続けてまいります。
福岡に住み始めて7年、医師となってからは15年が過ぎましたが、温かく迎えてくださった福岡の皆様に日々感謝しております。どうぞ末永くよろしくお願いいたします。

自己紹介

好きなことは、「笑う」ことです。漫才も大好きですが、日常のちょっとした出来事を楽しく「笑う」こと、「笑ってもらう」ことで疲れも吹き飛びます。クリニックもそんな「笑い」や「笑顔」があふれる場所にしていきたいと願っております。

経歴

2003年3月 神戸大学医学部医学科卒業
2003年4月 大阪大学皮膚科学教室入局
2003年4月 大阪大学皮膚科学教室勤務
2004年6月 吹田市民病院勤務
2005年4月 東大阪市立総合病院勤務
2009年8月 共済組合連合会 大手前病院勤務
2011年3月 上田説子クリニック(福岡市東区)勤務
2014年4月 九州医療センター勤務

資格

2003年 医師免許
2008年 日本皮膚科学会認定皮膚科専門医
2016年 日本皮膚科学会認定美容皮膚科・レーザー指導専門医

所属学会

日本皮膚科学会
アメリカ皮膚科学会(American Academy of Dermatology)
日本美容皮膚科学会
日本皮膚アレルギー・接触皮膚炎学会